救急車の利用方法に関して考えてみる

救急車をタクシー代わりにする人がいるそうです。救急でかかるような疾患ではないのに救急車を要請して、本当に必要な人が利用をすることができないという事案も全国で発生をしています。救急車は要請があると断ることができないと聞いたことがあります。もしも救急車を呼んで、到着をするまでに体調が改善したとしても、念のため医療機関に搬送をしなければいけません。手間も時間もかかってしまいます。また救急隊員の負担も増えてしまうということになります。本当は救急車を呼ぶような事態なのに、タクシー代わりにしているということがあるので要請を躊躇してしまうという人もいるそうです。そうならないためには、自分で救急外来に行くことができる時には救急車を呼ばないほうがいいのかな、と思います。適正な使い方をしなければ、医療に関わる仕事をしている人にも大きな負担がかかってしまうので、本当に必要だと感じた時にだけ利用をするべきでしょう。